足立区のタイ古式マッサージ「ARAYA」

ABOUT

タイ古式マッサージ

voice01

タイ古式マッサージってどんなもの?

 
タイ古式マッサージはタイ伝統の一種のマッサージであり、指圧による揉み動作だけでなく四肢を曲げ伸ばすストレッチや受動的・支援つきヨーガの要素を含んだものが現代のタイ古式マッサージと呼ばれています。
 

このタイマッサージには、実に約2千5百年の歴史があります。

その創始者は、今から約2千5百年前の時代を、釈尊と共に生きていたインドのシワカ・コマラパ師とされています。彼は仏陀の主治医であり、サンガ(仏教僧の集団)の筆頭医師として活躍していました。
当時、仏教僧たちを救っていた仏教医学は、仏教の伝来と共にタイに伝わり、中国医学を吸収し、タイ伝統医学として確立されました。そして、ワットと呼ばれる寺院で、民衆を救っていくのです。
タイでのワットの役割は、仏教の教えを説く所だけではなく、集会所や学校の代わりにもなり、病院の役割を果たすこともありました。そのワットで、タイマッサージは奉仕活動の一環として、体の悪い人たちに無償で施されたのです。

 

そんな伝統的なタイ古式マッサージは、現代ではスパ産業として現地タイ以外でも人気を博しており、全世界に約45,000人のセラピストがいるといわれています。

 

どんなマッサージ?

 
よく「世界で一番気持ちいいマッサージ」など表現されるタイ古式マッサージ。
頭の先からつま先まで全身くまなくマッサージを行います。
タイ古式マッサージと指圧で行う一般的なマッサージの違いとして、タイ古式マッサージを行う施術者は手の平やヒジやヒザ、足など体の色々な部分を使い筋肉を刺激していきます。
 
センと呼ばれる人体を流れるエネルギーラインをゆったりとしたリズムで刺激し、こり固まった筋肉をゆるめていくことにより、血流が促され、自律神経のバランスが整い、人間が本来持っている免疫力や自然治癒能力を高める効果があるとされています。
また、ストレッチを行いながら体をほぐしていくのもタイ古式マッサージの特徴の一つです。

TOPへ